フェルトハットの素材について

フェルトハットの素材について

世界No.1の産地、チェコの最高級ファーフェルト(兎毛フェルト)とは。

チェコ

チェコと言えば、世界で最も美しい都市の一つと称される世界遺産プラハや、繊細な彫刻を施したボヘミア・ガラス、チェコ・ビール等が有名ですが、実は「ファーフェルト」の最大産地としても世界に名を轟かせています。

一般的にファーフェルトは兎の毛を素材としており、広く流通している羊毛を素材としたウールフェルトよりも高級とされ、本物志向の方に愛されています。

ファーフェルト

特にチェコ産のファーフェルトは最高級と名高く、長い毛足による上品な見た目や、軽さと暖かさを併せ持つしなやかな手触り等が世界中で高い評価を獲得し、高級帽子の素材として高い知名度を誇っています。

ファーフェルトで作られた帽子は、軽くキメ細やかで最高の被り心地を持つと言われ、その価値は冬の帽子の中でもトップクラスに位置しています。

ファーフェルト

一つの帽子を作るためには少なくとも兎が4~7羽、上級品ともなると30羽分もの毛が必要となり、そこから更に帽子に適した毛を厳選するのですから、素材の希少価値は言うまでもありません。

また、ウールフェルトと違って一度伸びると戻らないので加工が難しく、工程のほとんどが職人による手作業となります。

吟味を重ねた希少な素材を、大変に手間暇の掛かる工程で仕上げた傑作が、ファーフェルトの帽子なのです。

200年を超える歴史と経験。TONAKトナックのファーフェルトハット。

Novy Jicin(ノビー・イーチン)市の自社工場

TONAKトナックは、Novy Jicinノビー・イーチン市の自社工場にてファーフェルトの生産から加工、帽子への成形までを一貫して行っています。

200年を超える歴史と経験を礎に、チェコ有数の老舗帽子ブランドたる地位を不動のものとし、50ヶ国を超える国々で高い評価を獲得しています。

もちろん、当店で取り扱っているTONAKトナックの帽子は、全てが兎毛100%のファーフェルトを用いた最高級品です。素材の特性を熟知したトップブランドが、世界に自信を持って送り出す一流品。ぜひ、ご自身の目でお確かめください。

フェルトハットとTONAKトナックの豆知識

チェコの歴史とファーフェルト

チェコの歴史とファーフェルト

チェコがファーフェルトの産地として成熟を遂げた一因はその気候です。寒冷地のチェコでは、防寒のため兎の毛がよく伸び、毛足の長い兎毛を採取できるからです。

チェコのファーフェルトは毛足が長いので暖かく、質感も豊かになり、更に埃が付きにくく取れやすいという特徴があります。

ファーフェルトは、チェコの自然と文化が育んだ人智の結晶なのです。

ファーフェルト(兎の毛)の特徴

ファーフェルト(兎の毛)の特徴

兎の毛は中空である為、軽くてしなやかで発色も良く、上品な光沢が特長です。ウールに比べキメ細かく滑らかであり、型崩れしにくく長もちし、使う程に味わいが増していきます。

「良い帽子を長く被りたい」という方に最適の素材と言えましょう。

ファーフェルトの主な種類

ファーフェルトは、毛の長さや使われる部位によって以下のように分類されています。一般的に毛足が長くなるほど加工技術を要し、グレードも上がります。

名称 特徴
ベロア
ベロア
長いケバを持つように起毛させ、表面をスムーズなベルベット状に仕上げたもの。起毛加工により繊維の厚みが増し、起毛した部分に空気を含むため、保温性も高まる。
柔らかくふっくらとした手触りに、豊かな風合いと光沢があり、重圧感、高級感を持つ。
ファインスウェード
ファインスウェード
ベロアよりも短く刈った毛足を起毛処理したもの。ベロア同様、起毛加工により繊維の厚みが増し、起毛した部分に空気を含むため、保温性も高まる。
独特の光沢感があり、ソフトで滑らかな手触りと、均質な毛足の流れが特徴。
プレーンファーフェルト
プレーンファーフェルト
毛足を短くカットし、起毛させずヤスリやサンドペーパーで磨いて毛羽立たせたもの。毛足の短い滑らかな風合いで、軽くスッキリとした印象。